兵頭 千夏

ミャンマー日記

カメラ片手に、ミャンマーを歩くのが好き。

それは何年経っても飽きることがない。

よくもまぁ、いつまでも楽しめるものだと我ながら思う。

光の美しい時間帯をねらって撮影するのは稀で、

今日はどんな出会いがあるかなという好奇心がまさっている。

知った場所でも楽しく、いつもキョロキョロ。

新たな一面を発見しては喜んでいる。

はじめて行く場所は言うに及ばず、高揚感が半端ない。

いずれにしろ、ミャンマーにいる時はずっと幸せな気分になれる。

どうしてこんなに楽しいのかな?

それはまだミャンマーのことを理解できていないからなのだろう。

知っているようで知らないことが次々と現れ、

いつまでも新鮮な気持ちでいさせてくれる。

 

これらの写真は、

ある日、心が揺れ動いた瞬間にシャッターを押した私のミャンマー日記。

日記といっても、見られて困るものはなにひとつありません。

どうぞ気軽に共有してください。

 

もし、もっとミャンマーの写真が見てみたいなと思ってくださった人は、

インスタグラムまたはホームページにもお越しください。

兵頭千夏​

ミャンマーをライフワークに撮影する写真家

2003年より2年間、ヤンゴン文化大学(現:国立文化芸術大学ヤンゴン校)で伝統芸能のサインワイン(環状太鼓)、舞踊、糸操り人形を実践とともに調査研究する。日本とミャンマーを拠点に、ビルマ語通訳・翻訳にも従事し文筆家としても活動中。

HP : ミャンマーの日々

https://myanmardays.com/