The Room

作品提供|堀口昭仁

The Roomはサンサンウー博士とアウンミン博士が立ち上げたヤンゴンのアートスペースです。重い精神疾患を患った患者にアートセラピーを提供しています。本展示ではアートセラピーの参加者が描いた作品に加え、アウンミン博士自身が描いた自画像も展示します。

Aung Min.jpg

​The Roomについて

 

The Roomは2015年にサンサンウー医学博士とアウンミン医学博士が立ち上げたアウン・メンタルヘルス・イニシアチブのアートスペースです。The Roomでは重度のメンタルヘルス患者にアートセラピーを提供しています。主な目的は、重度の精神疾患を患った人が施設に閉じ込められるのを防ぎ、社会に復帰できるようにすること、そして彼らの収入源を作り出すことです。The Roomに参加する全ての人間は人種差別、性差別、宗教差別、特に障害者差別など、あらゆる形態の差別を捨てなければなりません。障害によって個人を差別することは認められません。

平日のThe Roomでは各々が自由に絵を描いたり、歌ったり、一緒に座ったり、料理をしたり、食事をしたりしています。週に2時間ほどはクラシック音楽をかけながら絵を描いています。描くときの唯一のルールは静かな雰囲気を保つことです。それ以外の制限はなく、描き方や何を描くかについての指導や方法もありません。自由に表現することが目的です。5年の活動と3回の展覧会を経て、絵を描くことを通して人々の中に隠れていた芸術的な特徴を見出すことができました。

2時間絵を描く間に、彼らは自分の意識の深いところにある痛み、心の傷、言葉では言い表せない感情や知覚などを描き出します。そして、セラピーの参加者を支え見守ってきた人たちも経験を積み、参加者の成長から学ぶことができるのです。

5年間のアートセラピーの結果、参加者は描くことを楽しみ、投薬を最小限に抑え、社会や家族に復帰することが出来るようになりました。2021年6月14日、アウン・メンタルヘルス・イニシアチブは世界保健機関・WHOから模範として認定されています。コロナウイルス感染症や軍事クーデターなど困難な状況下にある今も、参加者たちはThe Roomを継続的に訪れています。

​Organizers of The Room

Dr. Aung Min軽.jpg

Dr. Aung Min(アウンミン)

脚本家、映画監督、小説家、医師。母国ミャンマーで医療に従事する一方、小説や現代アート書籍を執筆。初の監督作である短編ドキュメンタリー『The Clinic』(2013)では、自ら携わる医療現場を映し出した。また、現代の若き僧侶の青春を描いた長編映画『The Monk』(2014 / 脚本担当)は、ロッテルダム国際映画祭、シンガポール国際映画祭などに出品され注目を集める。現在、映像専門学校Yangon Film Schoolなどで若い映像制作者の指導に力を注ぐなど、ミャンマーの幅広い芸術分野において厚い信頼を寄せられるクリエイターである。

Dr. San San Oo(サンサンウー)

ヤンゴンにあるAung Clinic for community Mental Health Initiativeのコンサルティング精神科医。統合医療と重度の精神疾患患者へコミュニティーベースの心理療法を提供するメンタルヘルスケアプロジェクトのリーダーを勤める。また、世界保健機関(WHO)の調査研究への貢献や15本の研究論文を発表するなど、研究者としても活躍している。現在の研究テーマは、精神障害者と知的障害者のニーズアセスメントと状況のマッピング、アウン・クリニックのコミュニティ・メンタルヘルス・イニシアチブの効果的な成果の発表、都市周辺のタウンシップにおける女性とうつ病に関する報告など。

Dr. San San Oo軽.jpg

​Dr. San San Oo

Dr. San San Oo is currently a consulting psychiatrist at Aung Clinic for community  Mental Health Initiative project  in Yangon, Myanmar. She is the team leader of the integrated health and mental health care project which provides community-based psychosocial interventions for severely mentally ill patients. She is also a researcher, contributed to several World Health Organization reports: Prevalence of Amphetamine Drug Use Among High School Students, Common Psychiatric Presentations in Amphetamine Drug Users Admitted to Yangon Mental Health Hospital, and Prevalence of Hepatitis B and C infections in Intravenous Drug Users in Five Major Sites. In the aftermath of Cyclone Nargis, the IMCJ’s Psychosocial Distress of Nargis Survivorsand Effectiveness of Counseling in Nargis Survivors. She has worked for research and published ( 15 )research works and papers and was also principal investigator and  Co – author of "Development and cross-cultural testing of the International Depression Symptom Scale (IDSS): A measurement instrument designed to represent global presentations of depression" (GMH-ORP-2017-0031) submitted to Global Mental Health. Her current works are need assessment and mapping the situation of people with psychosocial disabilities and intellectual disabilities and the presentation of effective outcomes of Aung clinic community mental health initiative (the Model clinic ) and report on women and depression in a peri urban township. She and her coworkers are providing mental health psycho social trainings for community organizations and ethnic health organization (BPHWT – Back pack health worker team) and 2 community clinics in remote ethnic areas. 

 San San Oo received her Bachelor of Medicine from University of Medicine 1 and Master of Medical Science (M.Sc., 2003) in Mental Health from University of Medicine 2 in Yangon, Myanmar. She has received numerous trainings provided by international institutions, including Disaster mental health ( HITS, Kobe, Japan), Methadone Substitution in Intravenous Drug Users (Hong Kong), Motivational Interviewing, Trauma Counseling and Psychosocial Intervention, Neurobiology of Everyday Life (2014, verified certificate by University of Chicago), Child Trauma and Resiliency Training (2015, verified certificate by University of Minnesota), and Child and Adolescent Psychology (2015, verified certificate by University of Edinburgh). She attended the community mental health and partnership trainings and studies in Salzburg, Austria (2016), Barcelona, Spain (2016), Srilenka (2017). She attended EMDR training in 2017.  She achieved the records of creative writing from U.S international section, Yangon and selected participant for DRLC (Disaster Reduction and Learning Center Symposium, Kansi Japan, 2015). She achieved the certificate of completion of the UNDSS/CISMU “Advanced certification training program me for mental health professionals in Asia Pacific /Eastern Europe in 2017 and she is assigned as  the UN affiliated external stress counselor in Myanmar. In September, 2020, she achieved EMDR Europe certification of attendance for advanced clinical supervision and consultation skills in enhancing competency in EMDR therapy. In 2020 WHO mental health and human rights department has documented  about Aung clinic mental health initiative project; primary health integrated mental health initiative program  as good practice guidance which was launched on June 10th 2021 by WHO event ( http://www.int/publications/i/item/guidance-and-technical-packages-on-community-mental-health-services)